お知らせ What's New お知らせ What's New

2020年02月19日 当協会職員が野鳥観察入門講座の講師を務めました。

2019年度大阪府高齢者大学校の「自然文化を楽しく学ぶ科」で、当協会普及啓発課職員の和田太一が「野鳥観察入門」の2講座の講師を務めました。

1回目の2月12日は室内講義で、和田が自分で撮影した野鳥の写真や動画を使って、野鳥観察の楽しみ方や、野鳥を通して見る私たちの環境、翌週実際に観察するカモの仲間について、2時間たっぷりお話しました。





受講生からは、鳥を見る目が変わった、野鳥観察がとても楽しみになる講義でした、テンポのよい講演で素晴らしかった、バードウォッチングに役立つ知識を深めることができました、などの感想をいただきました。

2回目の2月19日は大阪市鶴見区の鶴見緑地でバードウォッチングをしました。双眼鏡の使い方を練習した後、大池で特製カモビンゴを使ってカモの仲間の行動やしぐさをじっくり観察しました。山のエリアでは見頃になった河津桜に、花の蜜を吸いにメジロが群れでたくさん訪れており、間近に観察することができました。
天気も良く、水辺の鳥と森の鳥の両方をたくさん観察することが出来ました。

受講生からは、普段なにげなく見ている鳥について色々教えていただき楽しかったです。カモをこんなにゆっくり見たのは初めてです。とても理解しやすいバードウォッチング、鳥の生態を知りました。一度は見たかったカワセミを初めて見ました、綺麗な色に感動。私たちにとって自然文化とは何かを教わったような気がしました。などの感想をいただきました。





大阪でも季節や環境によって様々な野鳥を観察することができます。
今回をきっかけにぜひ身近なところでバードウォッチングを楽しんでもらえればと思います。