トップページ > 事業内容 > 大阪市設霊園の管理代行 > 服部霊園

  服部霊園

瓜破霊園写真

霊園の説明 園内案内図 バス時刻表 貸出備品・商品 アクセス 園内写真 大阪市設服部納骨堂

  お知らせ

  大阪市設霊園(瓜破・服部・南・北・住吉・千躰・松原・平野・加美)では、霊地使用者の調査を行っています。

・平成7年以降に使用者の名義変更・住所変更等の手続きがされていない霊地を対象に計画的に 霊地使用者調査の札 を掲示しております。墓参された際に 霊地使用者調査の札 が掲示されておりましたら、管理事務所にお寄りいただくか、電話連絡をお願いします。

・なお、手続きをする必要がある場合とは、大阪市設霊園の管理代行事務手続きについてをご参照ください。

送迎バスや霊園への、ご意見・ご感想をお聞かせください。お待ちしています。
(霊園管理事務所及び送迎バス内に設置のアンケート用紙に、ご記入をお願いします。)

  概 要

所在地 大阪府豊中市広田町1-1
連絡先 TEL:06-6854-3000  FAX:06-6854-7221
管理事務所利用時間 8:30~17:00
管理事務所休日 月曜日(月曜日が祝日の場合は通常通り、業務を行っています。)
お盆・お彼岸・年末年始の期間については、「特別期間の対応について」をご覧ください。
※ 服部霊園ではペットを連れての入園は禁止となっております。

当霊園は、昭和3年(1928年)に新設認可を受けて、当時の豊能郡熊野において、昭和13年(1938年)から墓地造成に着手、昭和16年(1941年)4月に竣工しました。また、昭和38年に約1万9千㎡を拡張整備し現在に至っています。
 霊園内は、全面積(約19万2千㎡)の2/3に道路と植樹地帯を設け、明るい雰囲気で緑に囲まれた公園式墓地として、祖先の霊を慰めていただくとともに、静寂で美しい緑をはじめ、四季の自然を楽しんでいただけるなど、周辺住民の方にも憩いの場所としてご利用いただける遊園式になっています。

○大阪市戦災犠牲者慰霊塔

第2次世界大戦末期の大阪空襲で戦災を受け亡くなられた方々の遺骨を納めるため、昭和33年(1958年)に建立し、毎年秋に慰霊祭を行っています。

戦災犠牲者慰霊塔

戦災犠牲者慰霊塔

○外国人墓地

慶応3年に現在の港区内に造成されましたが、その後明治38年に現在の阿倍野区旭町に新しく造成して移転しました。しかし、同地区の発展に伴い、墓地としての環境が著しく変化したため関係各国の了解を得て、昭和35年服部霊園内に移転しました。

桜満開の服部霊園

秋の服部霊園、事務所横の池